今日の内容は極めて重要です。

私が突き抜けられた理由」と言っても、

過言ではないと思っています。

この情報が無かったら、今の私は存在しません・・・

それくらい重要です。

あなたが経済的自由を手にして、

人生を変えたいのであれば、

必ず確認して欲しい内容だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

失敗せずに物販ビジネスに取り組む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回お話ししたい内容は
1.有在庫転売か無在庫転売
2.国内転売か輸出転売か輸入転売

この時点で言ってる意味がわからーーんってなりますよね。笑


では、詳しくお話ししますね!

まずは1つ目。
1.有在庫転売か無在庫転売か

①有在庫転売は在庫を抱える物販ビジネス。


「事前に仕入れをする」

商品を仕入れてから出品するという一般的な「転売」です。

最初に仕入れている為、検品も自分できるので、

クレームが起きることは少ないです。

有在庫転売のメリット・デメリット

有在庫メリット

・ネットでリサーチのやり方を公開している方が多い。独学でもできる

・すぐに利益が出る

・どこのプラットフォームでも出品できる

・お客様対応ほぼない

有在庫デメリット

・仕入れのためにカード枠が必要

・売れなければ赤字

・リサーチに時間がかかる

・外注化が難しい


②無在庫転売は在庫を抱えない物販ビジネス。

「事前に仕入れをする」
商品が売れてから仕入れる方法です。

商品が売れてから仕入れるので、

クレカの支払いに追われことがありません。

資金繰りが心配な方には安心して取り組めますね。

画像だと分かり安いですよね! 

無在庫物販メリット

・仕入れ資金ゼロ

・自宅に商品が届かないので家族にバレない

・リサーチ力不要(数重視)

・ツールで時短可能

無在庫物販デメリット

・在庫がない時がある

・出品できるサイトが限られている

・ネットでノウハウが公開されていない

国内転売or輸出転売or輸入転売

①国内転売

日本の国内で仕入れて、国内で販売する方法です。

国内転売メリット

・為替、関税、言葉の壁がないので初心者向け

・偽物が少ない

国内転売デメリット

・参入しやすいのでライバルが多い

②輸入転売

海外の商品を仕入れて、国内で販売する方法です。

10年くらい前から中国輸入が人気ですね。

原価がとても安いので有在庫でも始めやすのが、人気の理由です。

輸入転売メリット

・大きく利益を出すことができる商品が多い

・代行業者を使用することが多いので、不良品があってもサポートしてもらえる

・言語の壁や為替、関税が難しくライバル少ない

・偽物を仕入れないのように注意が必要

輸入転売デメリット

・為替の影響が大きい

・代行業者への支払いが発生する

・送料が高い

③輸出転売

国内の商品を仕入れて、海外に販売する方法です。

Amazon.comなどの海外のAmazonで販売したり、

海外版ヤフオクのeBayで出品している方が多いですね!

輸出転売メリット

・世界20億人向けに販売できるので販路がたくさんある

・日本製の日用品の需要が高い

輸出転売デメリット

・為替の影響が大きい

・各国の法律を把握しておかないと発送後に戻ってくる場合がある

以上が、物販ビジネスの種類です。

実際に取り組んでみないと、理解が難しいかもしれませんが、

初心者はまずは

難易度が低い」「国内転売」からスタートするのが挫折しにくいですよ。

極力、稼げないっていう失敗は無くしていきたいですよね。

慣れてきてから、資金が必要な有在庫や海外に目を向けるのが良いですよ。

3日目の公式LINEは「販売するならAmazon一択!!」

メルカリ、ヤフオク

など出品できるサイトはたくさんあります。

皆さん、どこで始めたら良いか分からない方も多いと思います。

そこで、どうしてAmazonが良いのかと、

実際にAmazonでのアカウント作成の方法をお伝えしますね!

楽しみにしていてください!

2日目のワークは副業を始める(たい)きっかけを可視化してみましょう。


    例)給料が低いから
    就職したくないから
    子育てのために稼ぎたいから
    家のローンの足しにたい

    *しっかり読んでくださる方にだけ配信していきたいので、
    回答がない方は配信を止める可能性があります。